FAQ・用語集コラム

【業界動向】企業とSDGs(1)SDGs概要と国内動向

2015年といえば、パリ協定が採択され、気候変動分野において転換点となる
年になりましたが、同年、環境・CSR分野ではもう一つ大きな動きがありました。
「持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals(SDGs)」の採択です。
(2015年9月の国連サミットにて採択)
以降、SDGsというキーワードを頻繁に目にするようになったと感じている方々
も多いのではないでしょうか?そこで、今回から数回に分けて、SDGsをテーマに
取り上げ、主に企業としてのSDGsとの付き合い方について掘り下げていきたいと
思います。1回目の今回はSDGsの概要と国内の動きをおさらいします。

 持続可能な開発目標(SDGs)とは、持続可能な世界の実現のため解決すべき
課題と目標を集めた、開発分野の世界共通目標です。2030年をターゲットに、
それまでに達成すべき17の大きな目標(ゴール)とその下に属する169のより
細かな目標(ターゲット)を設定しています。

 17のゴールは「貧困、飢餓、健康・福祉、教育、ジェンダー、水・衛生、
エネルギー、経済成長と雇用、インフラ・産業化・イノベーション、不平等、都市、
消費と生産、気候変動、海洋資源、陸上資源、平和、パートナーシップ」と非常に
多岐に渡る分野から構成されています。
 
 SDGsの前の世界共通目標として、ミレニアム開発目標(MDGs)がありました。
こちらは2015年をターゲット年として、発展途上国特有の課題(極度の貧困、母子
保健、衛生問題等)を中心に8つのゴールを設定し、一定の成果を上げました。
SDGsはMDGsの未達成分を継承するとともに、新たに、先進国を含む全ての国に
普遍的な課題(健康や不平等など)と、社会分野を越えた経済・環境分野の課題を
追加した、より広く横断的な目標となっているのが特徴です。また、活動主体として、
国や政府機関のみならず、企業やNGO等の民間セクターの役割も重視しています。

 2015年の採択以降、国内では、2016年に内閣に「SDGs推進本部」を設置、
同年、国内戦略をまとめた「SDGs実施指針」を決定しました。2017年には、
経団連がSDGsの達成を柱として企業行動憲章の改定を行うなど、官民を挙げて
の取組が進められています。

 (次号に続く)

参考文献:
外務省HP SDGs(持続可能な開発目標) 持続可能な開発のための2030アジェンダ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/doukou/page23_000779.html
首相官邸HP 持続可能な開発目標(SDGs)推進本部
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sdgs/
日本経済団体連合会HP 企業行動憲章の改定にあたって
http://www.keidanren.or.jp/policy/cgcb/charter2017.html

                          (執筆者:山本)

(2018年2月28日メルマガ)

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらのフォームもしくはお電話より
お気軽にお問い合わせください。

052-265-5902 [受付時間]
9:00~17:00 土・日・祝定休
チャットでご質問

※お問い合わせの際にはプライバシーポリシーに同意したものとみなします。

powerd by formy(フォーミー)

  • J-クレジット制度
  • SBT
  • CDP ASP 2020 RED RGB
  • Japan-CLP
  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • CLIMATE NEUTRAL NOW
  • LCA 日本フォーラム
  • COOL CHOICE
  • SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
  • 脱炭素チャレンジカップ2020
TOP