e-ラーニング動画

キャラクター

 近年、地球規模で生じている気候変動が大きな問題となっており、企業を中心とした国際的な動きが活発化しています。世の中の流れを受け、環境への対策を進めようとしても、現状や取り組み方、そもそも何から始めていいか分からないといった声をよく耳にします。
 そういった声に応え、弊社では環境に関わる基本的な内容からESG投資、SBT、RE100、CDP、SCOPE(スコープ)1,2,3といった踏み込んだ内容まで、分かりやすく学べるe-ラーニング動画を制作いたしました。
 導入編、入門編、実務編の三部構成となっており、主要な内容ごとに動画を用意させていただいておりますので、ご自身で必要な部分を選択し、ご覧いただくことも可能です。日頃の疑問解決にお役立ていただければ幸いです。

※現在制作途中のため、随時更新させていただきます。

目次

導入編

01 やさしく学べる企業のCO2「見える化」(仮)(作成中)

入門編

02 気候変動をめぐる世界の動向
03 ESG投資の脱炭素経営
04 CO2見える化
05 スコープ1,2,3を知ろう
06 国際イニシアティブへの対応

実務編

07 サプライチェーン排出量の算定方法
08 スコープ1,2自社の排出
09 スコープ3 カテゴリ1 購入した製品・サービス(作成中)
10 スコープ3 カテゴリ4,9 輸送・配送(作成中)
11 スコープ3カテゴリ5 事業から出る廃棄物(作成中)
12 スコープ3 カテゴリ6,7 従業員の出張、通勤
13 スコープ3 カテゴリ10,11,12 販売した製品の加工・使用・廃棄(作成中)

入門編

02 気候変動をめぐる世界の動向

 気候変動をめぐり世界の動きが活発化しています。パリ協定では、今世紀末のCO₂排出を実質ゼロにすることが目標に掲げられ、目指すところは気温上昇を2℃より十分低くし、1.5℃を追及することです。他にもRE100やSBTなど企業を中心とした国際的な動きが広がり始めています。本動画はそういった「気候変動をめぐる世界の動向」について紹介します。

03 ESG投資の脱炭素経営

 世界がパリ協定の目標達成、脱炭素化に向けて動き出す中、気候変動のリスクを自社の経営上のリスクととらえ、脱炭素経営に舵を切る企業が増えています。その大きな要因として挙げられるESG投資とは何か、関連するTCFDやCDPの情報と合わせて、ご紹介いたします。

04 CO2見える化

 脱炭素経営として企業がCO₂ゼロを目指すためには、CO₂の見える化、つまりCO₂排出量を数字で把握することが重要になります。自社やサプライチェーンのCO₂排出量、削減の取り組みを見える化することは、企業にとって気候変動リスクの回避とチャンスの獲得につながります。

05 スコープ1,2,3を知ろう

 CO₂排出量の算出には、GHGプロトコルという国際規格にて統一的なルールが設けられています。GHGプロトコルでは、サプライチェーンを3つの範囲に分類していて、それぞれスコープ1、スコープ2、スコープ3と呼ばれています。各スコープが何を対象とするのか、基本的な内容を交えながらそれぞれ解説いたします。

06 国際イニシアティブへの対応

 昨今、SBTやRE100、CDPなど国際イニシアティブへの対応が、大企業だけではなく中小企業にも求められつつあります。本動画では、カーボン・マネージメントのサイクルの中で、目標の設定から削減情報開示までの流れを、SBTやRE100、CDPといった国際イニシアティブに沿って説明します。

07 サプライチェーン排出量の算定方法

 サプライチェーン排出量の算定には大きく分けて4つのステップがあります。
 本動画では、算定目標の設定から対象範囲の決定、スコープ3の各カテゴリの分類の整理、そして各カテゴリの算定という流れに沿って、各ステップの作業内容について説明します。

08 スコープ1,2自社の排出

 サプライチェーン排出量は、自社の排出と他社の排出に分けられます。自社の排出にあたるものが、スコープ1とスコープ2です。
 スコープ1は、事業者自らによる温室効果ガスの直接排出です。スコープ2は、他社から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出です。
 本動画ではスコープ1,2に焦点を当ててご説明します。

12 スコープ3 カテゴリ6,7 出張、雇用者の通勤

 「カテゴリ6,7 出張、雇用者の通勤」は自社の従業員の出張、通勤時に使用する交通機関における燃料・電力消費から排出される排出量です。
 本動画ではカテゴリ6,7について説明します。

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらのフォームもしくはお電話より
お気軽にお問い合わせください。

052-265-5902 [受付時間]
9:00~17:00 土・日・祝定休
オンラインでのお打ち合わせについて

powerd by formy(フォーミー)

  • J-クレジット制度
  • SBT
  • CDP ASP 2020 RED RGB
  • Japan-CLP
  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • CLIMATE NEUTRAL NOW
  • LCA 日本フォーラム
  • COOL CHOICE
  • SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
  • 脱炭素チャレンジカップ2020
TOP