事業内容SCOPE1,2,3算定支援システムの開発

SCOPE1,2,3算定を自動化する貴社仕様の
システム開発を行います。

SCOPE,12,3排出量の把握は、SBT目標の設定、CDP質問書への回答等において事前に把握すべき基礎情報となります。
また、把握することで、サプライヤーとの協働での取り組みや、自社の努力による削減活動を数値的に表す(見える化)することが可能となります。
しかしそのためには、各種帳票類等を効率的に収集集計する仕組みが必要です。
こうした、SCOPE排出量把握のためのエビデンス収集及び数値化支援を行うサービスの提供も行っています。

調査の段階(フェーズ 1,2,3)調査の段階(フェーズ 1,2,3)

基本的なステップ

ご相談

SCOPE排出量の把握の現状確認

(組織境界の設定、設定したカテゴリ及び根拠資料等)

不足個所、課題点の特定

根拠資料の把握の仕組みづくり(システム化)

把握した排出量を元にした、情報開示支援、カーボンマネジメント

成果物のイメージ

作成中

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらのフォームもしくはお電話より
お気軽にお問い合わせください。

052-265-5902 [受付時間]
9:00~17:00 土・日・祝定休

powerd by formy(フォーミー)

  • J-クレジット制度
  • Japan-CLP
  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • CLIMATE NEUTRAL NOW
  • LCA 日本フォーラム
  • COOL CHOICE
  • SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
TOP