NEWS・お知らせセミナー

【セミナー情報】第19回地球温暖化に関する中部カンファレンス(12/9)開催!

 気候変動の脅威が高まるなか、企業の脱炭素経営、再エネ導入の動きは、世界的な潮流となりつつあります。パリ協定が始まり各国の政策強化が進む中、大手グローバル企業は自ら脱炭素経営による企業価値向上のため、SBTRE100など国際的な環境イニシアチブに次々と参加しています。さらにはサプライチェーンにおける中小企業の取組も広がりをみせています。

 中部地方環境事務所が開催する第19回地球温暖化に関する中部カンファレンスでは、再エネ導入拡大の展望やマーケットへの影響などを踏まえ、今後、企業が脱炭素経営に向けてどのように取り組んでいけばよいかを考えます。

 

【開催概要】

日時:2020年12月9日(水)13:30~17:00

会場:オンライン開催(WebEx)

定員:200名程度(事前登録制・参加無料)

 

【お申込み方法】
「参加申込書」に必要事項を記載の上、メールまたはFAXにてお申込みください。
※メールの場合はメール本文に下記必要事項記入してお申し込みいただくでも構いません。

≪必要事項≫
①氏名(ふりがな)
②団体名(自治体・事業者などに所属していない方は「一般」として下さい)
③所属部署
④役職
⑤連絡先(メールアドレス)
⑥所在地(都道府県・市町村名まで)
⑦今後、環境省主催の説明会等の案内を希望有無
※①氏名②団体⑤連絡先(メールアドレス)のないものは参加受付をいたしません。

件名:「第19回地球温暖化に関する中部カンファレンス(申込み)」

メール宛先:[email protected]

FAX送付先:052-951-8889

締切:2020年12月2日(水)

※「参加申込書」のダウンロード等、詳細はこちら

 

【事前質問の受付について】
 カンファレンスの議論内容を明確にし、申し込みいただいた皆様の疑問にお答えできるよう、事前質問を受け付けております。「事前質問票」に疑問点や聞きたい内容等を記載いただき、メール、または、FAXでお送りください。

締切:2020年12月3日(木)17時まで

※「事前質問票」のダウンロード等、詳細はこちら

 

【プログラム】

1.企業に求められる自然エネルギーの利用拡大について

 (公財)自然エネルギー財団 シニアマネージャー 石田 雅也 様

 

2.「再エネ100宣言 RE Action」発足について 

  再エネ100宣言 RE Action協議会(株)リコー リコ―経済社会研究所 顧問 則武 祐二 様

≪参加団体による事例発表≫

コマニ―(株)品質保証本部(兼)ISO管理室本部長 坂本 豊伸 様

 

3.気候変動に取り組む企業と投資家の最新動向について

 (一社)CDP Worldwide-Japan シニアマネージャー 高瀬 香絵 様

 

4.脱炭素経営による企業価値の向上について

 環境省地球環境局 地球温暖化対策課 課長補佐 岸 雅明 

 

5.ディスカッション テーマに沿った話題の深掘り等

 モデレーター:(公財)自然エネルギー財団 シニアマネージャー 石田 雅也  様

 パネリスト:上記登壇者4名

【説明資料について】

 プログラムを含め講師の方から掲載の承諾を得られた資料については、中部地方環境事務所Webのトピックス「開催案内」、もしくは「地球温暖化に関する中部カンファレンスのバナー」に掲載します。

「地球温暖化に関する中部カンファレンス」バナー

 

【主催】環境省中部地方環境事務所

【協力】RE-Users地域連携プロジェクト

   (自然エネルギー財団、CDP Worldwide-Japan共同運営)

【問い合わせ先】中部地方環境事務所環境対策課 担当:古賀or佐野(TEL:052-955-2134)

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらのフォームもしくはお電話より
お気軽にお問い合わせください。

052-265-5902 [受付時間]
9:00~17:00 土・日・祝定休
オンラインでのお打ち合わせについて

powerd by formy(フォーミー)

  • J-クレジット制度
  • SBT
  • CDP ASP 2020 RED RGB
  • Japan-CLP
  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • CLIMATE NEUTRAL NOW
  • LCA 日本フォーラム
  • COOL CHOICE
  • SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
  • 脱炭素チャレンジカップ2020
TOP