NEWS・お知らせお知らせ

【お知らせ】株式会社りそなホールディングスとの資本業務提携について

当社(代表取締役:鈴木 修一郎)は、株式会社りそなホールディングス(社長:南 昌宏)と資本業務提携契約を締結し、当社株式の一部をりそなホールディングスが保有しましたのでお知らせします。

当社とりそなグループは、これまでも協力して法人のお客様向けのCO2排出量簡易算定サービスやサステナビリティ関連のコンサルティング等を提供してきました。当社が持つ温室効果ガスに関する算定・開示等のノウハウとりそなグループの幅広い顧客基盤やネットワークを融合し、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

 

資本業務提携による協業の内容

・中堅・中小企業のカーボンニュートラル実現に向けたコンサルティング体制の強化

・新たなファイナンススキームの構築、新規事業の開発・推進に向けての協働

 

両社コメント

 ウェイストボックスは、行政機関や地方自治体を含め、東証プライム上場企業約200社に対して、脱炭素経営に関するコンサルティングサービスの提供を行っています。具体的には、Scope3の把握、1次データと呼ばれる組織、製品プロセス固有のGHG排出量把握、SBT設定、TCFD、CDP質問書の対応した情報開示、ネットゼロ気候移行計画の策定等となります。今後、中堅中小企業においても、こうした一連の動きは必須となると考えています。スムーズな移行計画の実施の為には、トランジションファイナンスも含めた支援が重要であり、幅広い顧客基盤を有するりそなグループとの連携強化を通じて、中堅中小企業の脱炭素経営への移行に積極的に貢献していきたいと考えています。

(ウェイストボックス 代表取締役 鈴木 修一郎)

 

 りそなグループは、金融サービスやコンサルティングを通じて、法人のお客さまのサステナビリティ戦略をサポートしています。2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、りそなグループの主要なお客さまである中堅中小企業の取り組みを後押しすることが重要であり、サステナビリティソリューションの拡充を進めてまいります。GHG排出量の算定や開示支援等に強みを持つウェイストボックスとの連携を強化し、お客様のカーボンニュートラルの取り組みを支援する選択肢を拡充することで、「持続可能は社会の実現」と「りそなグループの持続的な成長」の両立を目指します。

(りそなホールディングス 取締役兼代表執行役社長 南 昌宏)

 

会社概要

会社名:株式会社りそなホールディングス

所在地:東京都江東区木場1-5-65

代表者:取締役兼代表執行役社長 南 昌宏

設 立:2001年12月12日

資本金:505憶円

U R L:https://www.resona-gr.co.jp/

 

会社名:株式会社ウェイストボックス

所在地:愛知県名古屋市中区栄2-6-1 RT白川ビル2階

代表者:代表取締役 鈴木 修一郎

設 立:2006年2月2日

資本金:2億2,100万円

U R L:https://wastebox.net/

お問い合わせ

お問い合わせは、こちらのフォームもしくはお電話より
お気軽にお問い合わせください。

052-265-5902 [受付時間]
9:00~17:00 土・日・祝定休
チャットでご質問

※お問い合わせの際にはプライバシーポリシーに同意したものとみなします。

powerd by formy(フォーミー)

  • J-クレジット制度
  • SBT
  • CDP ASP 2020 RED RGB
  • Japan-CLP
  • JCI 気候変動イニシアティブ
  • CLIMATE NEUTRAL NOW
  • LCA 日本フォーラム
  • COOL CHOICE
  • SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS
  • 脱炭素チャレンジカップ2020

株式会社ウェイストボックスは
2023年4月にISO27001の認証を取得しました。

ISMS(ISO / IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014) 本社における温室効果ガスに関する環境コンサルティング
TOP